行政書士試験は、独学で勉強して合格したという方も多くいらっしゃいますが、
法律に無関係の学部や仕事に就いている方にとっては独学だけでは不安な面も多くあります。だからと言って資格の専門学校へ通うには資金と時間がない、そういう方も少なくありません。


そこでお勧めなのが通信講座です。

通信講座ですと、勉強は自分の時間とペースでできますし、行政書士試験をゼロからスタートする方のためにも試験の仕組みや勉強のカリキュラムなどを丁寧に指導してくれます。
資格の専門学校よりも受講料が安いことも魅力の一つです。

通信講座料金はピンからキリまであります。どこに行けば一番良いのかは、口コミや体験講座などで試してみるのも良いかもしれません。あまりにも安価な講座は、基礎的なテキストしかなく法律改正に対応しきれていない場合もありますので、金額だけではなく、内容もよく見ておきます。


デメリットとしては、通信講座だけでは知識は補えないことです。
法律知識もほとんどない人も始められるように作られていますが、基礎をより固めたいのならば、法律の基礎の本を別途で購入する必要があります。六法全書は最新の物を用意することは大前提ですので、1つの講座のテキストだけで安心は禁物です。他にも、資格の専門学校が主宰している模擬試験も受けてみることをお勧めします。複数の会社の講座それぞれに特色もあり、本試験に近い感覚を備えておくことは非常に大切です。